抜かない・削らない治療

できる限り抜かない、削らない方法、「低侵襲治療」を実施

低侵襲治療

とくずみ歯科本八幡は、天然歯を極力維持する「保存治療」を重視し、歯を傷つけない低侵襲治療(ミニマルインターベンション)を行っています。歯というのは、一度削ると元の状態には戻りません。つめ物やかぶせ物で見た目は補えますが、適合性では天然歯には到底かないません。皆さまの健康な口腔状態をいつまでも保つために、当院がこだわっていることを紹介します。

【とくずみ歯科式】 できるだけ歯を削らないための4つの治療

歯を削らない

虫歯菌が原因で溶けた歯を全く削らないで治療するのが理想ですが、現在医学では困難です。しかしできるかぎり削らないように治療はすすめることは可能です。そのために現在当院が実施している「歯を削らないための4つのポイント」をご紹介します。

  • ①3Mix-MP法®

    虫歯菌の無力化3種類の抗生物質、抗菌剤が混ざったものを虫歯部分に詰めます。これにより、虫歯菌を退治して虫歯を改善する方法です。細菌感染した歯を全て削らないところが今までの治療と違います。その結果、一部分を残すことができます。

  • ②虫歯検知液の使用

    虫歯検知液虫歯組織だけを赤く染めてくれてくれる、ウ蝕検知液(虫歯検知液)というものがあります。これを虫歯に塗ると、虫歯部分とそうでない健康な歯質の境目を、正確に把握できるようになるので、健康な歯の削り過ぎを防止できます。

  • ③拡大鏡精密治療

    拡大鏡精密治療拡大鏡を用いることで、肉眼の数倍もの視野下で精密治療ができます。そのため削り過ぎを回避できます。またよく見えることで、早期発見、早期治療により、虫歯を小さいうちに処理できます。

  • ④ドックスベストセメント

    ドックスベストセメントドッグスベストセメントというのは、ミネラルの力で虫歯組織を不活性化する治療法です。全ての虫歯組織を削ることなく治療できます。アメリカでは多くのところで用いられています。

拡大鏡治療の重要性について動画で解説

【とくずみ歯科式】 できるだけ歯を抜かないための4つの治療

歯を抜かない

とくずみ歯科本八幡では、できるだけ抜かない治療を行っています。歯の根っこが折れている、虫歯の進行が激しくほとんど健康な根が残っていないなどの場合には抜歯を避けることは難しいですが、抜歯を回避できるパターンも多くあります。できるだけ歯を抜かないために当院がこだわっている4つの方法をご紹介します。

  • ①最新の歯周病治療「歯周内科」

    歯周内科抜歯の最大原因は虫歯と勘違いされがちですが、実は、歯周病(歯槽膿漏)です。この歯周病の防止、また完治ができれば抜歯の確率を大幅ひ減らすことが可能です。当院ではこの歯周病治療にこだわっており、薬を使って歯周病菌を除去する最新の歯周病治療である「歯周内科治療」が受診できます。

  • ②精密・根管治療

    精密・根管治療根管治療は歯の神経が通っている歯の根っこの治療です。根管治療が必要になるのは、歯の根っこが細菌感染を起こした時で、根っこが折れたり、膿が溜まったり、重度の虫歯の場合で、この根管治療の精度で抜歯になるかそうでないかが決まる場合が多いです。当院では精密な根管治療を行なっております。

  • ③予防歯科を推進

    予防歯科そもそも虫歯や歯周病でなければ、歯抜の必要はありません。欧米は歯の予防意識が高く、80歳で20本程度の歯が残っている方も少なくありません。当院では、歯のメンテナンス、また歯周病防止のために、歯科医院での定期健診をおすすめしています。

  • ④根本治療のすすめ

    根本治療痛いところだけを治す、対処療法ではなく、なぜ痛くなったのか、その原因から治療を行う根本治療をオススメしています。例えば、咬み合せや歯並びが悪く、虫歯ができやすい方には矯正や咬合治療を行うことで虫歯を改善するようにオススメしたりしています。

本八幡で極力、歯を「抜かない、削らない」歯医者をお探しの方へ

本八幡で極力、歯を「抜かない、削らない」歯医者

このように、とくずみ歯科本八幡では、歯をできるだけ抜かない、削らない治療(低侵襲治療)に徹底的にこだわりをもって診療しております。できるだけ歯を「抜きたくない、削りたくない」方で、本八幡で歯医者さんをお探しの方は、ぜひ一度当院までご連絡ください。すべてのケースにおいて削らない、抜かないのはムリですが、きっと満足してもらえると信じています。

トップに戻る