無痛治療

痛くない歯医者をお探しの方へ、歯科無痛治療をオススメします

無痛治療

大人、子供、それぞれ歯医者さんを敬遠している方は少なくありません。歯医者さんを敬遠する理由は、おそらく「痛い」、「怖い」という理由ではないかと思います。とくずみ歯科本八幡では、歯科恐怖症の患者様へ、無痛治療をおすすめしています。

このページでは、どうして痛みが少ないのか?具体的にご説明します。痛みを気にしている方に評判ですので、痛くない歯医者さんをお探しの方はぜひご覧ください。

とくずみ歯科本八幡式 5つの無痛歯科治療

無痛歯科治療

とくずみ歯科本八幡では歯科治療での痛みについて、5つの観点から無痛対策を実施しています。ほとんど痛みを感じない無痛治療が可能で、治療の前、治療中、治療した後の痛みに対して効果が期待できます。

  • ①表面麻酔の使用

    ①表面麻酔の使用歯科治療で最も怖いのが麻酔注射ですよね。痛みを抑えるために痛い思いをするのは本末転倒。当院では最初に歯ぐき表面に麻酔を塗り、表面が麻痺をした後に麻酔注射をしますので注射時の痛みを緩和できます。

  • ②最も細い注射針(33G)を使用

    ②最も細い注射針(33G)を使用表面麻酔によって麻痺をしても、さすがに太い針を使えば、痛みを伴います。そのため当院では、歯科麻酔針の中でも最も細い、(33ゲージ)の極細針を用います。この針により、痛みが最小限に抑えられます。

  • ③電動麻酔器の使用

    ③麻酔液を温める電動麻酔器を用いることで、麻酔液注入のスピードを一定に保てます。注入する際の麻酔液の浸透圧を一定に保て、痛みを軽減できます。浸透圧が変化しやすい手動治療よりも痛みを抑えることができます。

  • ④麻酔液を人肌に温めます

    麻酔液を人肌に温めます麻酔液は冷蔵保存で保管されていますが、温度が低い麻酔液が体内に入るとそのギャップで痛みを感じることがあるので、当院では麻酔液を人肌までに温めます。これにより、注入した際の痛みを緩和できます。

⑤拡大鏡精密治療による痛み軽減

拡大鏡精密治療による痛み軽減とくずみ歯科本八幡では、治療の際に視野を肉眼の5倍に拡大できる拡大鏡を常時使用しております。

視野を拡大できることで虫歯の削り過ぎの防止や、補綴物(つめ物、被せ物など)の適合性を高め、さらにより高精度で早期発見、早期治療(=痛みを最小限で食い止める)を実現できるようになります。

治療において侵襲の度合いは痛みに比例しますので、侵襲を少なくすることは無痛治療に繋がり、また、補綴の適合性を高めると2次的な虫歯を予防し、長持ち治療に繋がります。

痛みの少ない歯科をお探しの方は、とくずみ歯科本八幡へぜひ!

痛みの少ない歯科

このようにとくずみ歯科本八幡では、痛みを抑えた無痛治療が可能です。歯科恐怖症に陥っている方たちに、「こんなに痛みを感じないのならもっと早く治療すれば良かった」と喜ばれることも多いです。さらに早期発見、早期治療によって、侵襲の大きな治療を回避できます。それが無痛につながりますので、可能な限り早い受診をおすすめします。本八幡で痛みのない歯医者を探しているは、京成八幡駅すぐそばに、とくずみ歯科本八幡までご相談ください。

トップに戻る