インプラント

とくずみ歯科本八幡式『安全・納得インプラントの為の5つのこと』

インプラント

昨今、メディアでインプラント事故が取り上げられ、インプラント治療に不安をお持ちの方もいらっしゃるかと存じます。しかし、入れ歯やブリッジは快適に過ごせないばかりか、近接する健康な歯にダメージをもたらすので、歯が抜けた部分を補う方法は、インプラント治療が最善といえます。そこで、当院で行なっている、安心・安全に長持ちするインプラント治療を受診いただための5つのポイントをご紹介します。

①レントゲンではなく、CTを使った正確診査、診断

CTインプラント

インプラント事故は絶対に回避する必要があります。そのため、とくずみ歯科本八幡では、院内に歯科用CTを完備しました。CTの設置により、骨、血管、神経などの位置を正確に把握できるようになりました。そのため、インプラント治療のシミレーションを正確に行うことができます。CTを完備した歯科医院はまだ多くはありませんが、インプラント手術を安心、安全に実施するには、CTは必要不可欠です。

CT撮影を無料にて提供しております

当院でインプラント治療を行う患者様には、CT撮影は無料(0円)にて提供しております。CT撮影は通常15,000円程度しますが、CT撮影を行うことでより安全性の高いオペができますので、インプラント患者様全員に受けていただきたく、無料で提供することにしました。

インプラント

②リスクの説明をしっかり行います

インプラント無料相談・カウンセリング

インプラント治療を行っている歯医者の中には、インプラント治療のメリットばかりを宣伝しているところも少なくありません。しかしインプラント治療は外科手術ですので、それなりのリスクがあります。たとえ手術に成功しても、アフターケア、また患者さんの身体の状況次第では、インプラント体の細菌感染を起すこともあります。

せっかく治療したインプラントを長く使うためにも、インプラント手術を予定している方はそのような危険を事前にしっかりと把握したうえで、判断することが大切です。

患者さんの納得とセカンドオピニオン

とくずみ歯科本八幡のインプラント治療にご納得いただけない場合は、ムリに治療を進めることは絶対にありませんのでご安心ください。また、他院でのインプラント手術に対するセカンドオピニオンにも対応していますので、ぜひご利用ください。

インプラント

③『安心、安全、確実』を実現する準備と環境

安全なインプラント

安心、安全、確実にインプラント治療を行い、成功させるため、当院では様々準備をし、最適な環境を提供します。

  • 衛生管理

    衛生管理インプラント治療において感染対策は必須ですので高水準で管理を行なっています(衛生管理についてはこちら)

  • 半個室オペ室

    全身管理執刀医が集中できるように半個室オペ室を完備し、インプラント治療はこのオペ室にて行います。

  • オペの確実性を高める

    手術の確実性を高める手術の確実性向上のため、術前診断に歯科用CTを使った3次元診断を実施しています。

④骨が足りない場合でもインプラント治療は可です

インプラント本体は骨に直接埋め込みます。そのため、骨の高さや厚みが足りないと治療はできません。しかし、とくずみ歯科本八幡では、『骨を増やす治療』を実施しており、骨の厚さが薄い方でも厚みを作り、安全にインプラントを埋入できるようにすることができます。

ソケットリフト

ソケットリフト上顎部の上顎洞部分の下骨が薄い時(5mm以上)に行う骨造成手術を言います。インプラント本体を埋め込む穴より人工骨を入れ、骨に厚みを持たせます。

⑤インプラント治療を長持ちさせるアフターケア

インプラントアフターケア

インプラントを長く維持するために大切なことは、インプラント手術後のアフターケアをしっかり行うことです。インプラント本体は人工物ですが、しっかりケアしないと歯周病のような状態になり、インプラント周囲炎を起こすこともあります。

インプラント歯周炎

また歯周病と比べ、インプラント周囲炎の進行はとても早く、進行しても痛みなどの症状がないので気付かないこともあります。そのため病状が進むと、インプラント本体が抜け落ちることも多いのです。当院ではインプラント治療後のアフターケアである予防歯科・歯周病治療に力を入れております。

本八幡でインプラント治療をご希望の方へ、無料相談実施中

本八幡で歯科インプラント

とくずみ歯科本八幡ではインプラント治療の無料相談を実施しています。またセカンドオピニオン外来も承っていますので、他院でインプラント治療の説明を受けている方も、別のドクターの意見が聞きたい方は、お気軽にご相談ください。インプラントは外科治療ですので、患者さんが納得した後に行うことが大切です。ぜひお気軽にご相談ください。

トップに戻る