精密・根管治療

歯を抜かない最後の砦!精密根管治療(歯の神経治療)CT撮影無料!

歯の神経治療

とくずみ歯科本八幡では、拡大鏡、ラバーダム、またオート根管治療器を用いた、精巧な神経治療(根管治療)を行っています。歯の神経を取った後に行う根管治療の精度の差で抜歯になるか、抜歯を回避できるかが決まります。歯を残したい方はこのページをぜひ最後までご熟読ください。

とくずみ歯科本八幡で根管治療を受診すると、こんなにお得!

  • CT撮影を無料(0円)でご提供

    CT撮影無料根管治療を行う時はレントゲンをとりますが、レントゲンで病巣や痛み、腫れの原因が特定できない場合は、CT撮影を行う場合があります。価格は約1万円強が相場ですが、当院では、皆さまにより良い正確な診断を行うために、CT撮影はすべて0円にて提供しております。

  • 本八幡最安値の被せ物(保険で白い歯も)

    本八幡最安値の被せ物根管治療を行うと、必ずかぶせ物を装着する必要があります。銀歯や金歯、白いセラミック製の人工歯からお選びいただきますが、当院では白いセラミック製の歯を、本八幡最安値にて提供し、さらに、4番、5番目の歯は保険適用にてCADCAM冠を装着できます(詳しくはつめ物・かぶせ物ページをご覧ください)。

抜歯に関するセカンドオピニオン実施中

他の歯医者さんで抜歯宣告を受けて方でも、抜歯回避できる可能性があります。当院では他の歯医者さんで抜歯の宣告を受けた多くの患者さんが相談にみえています。セカンドオピニオン(他の医療機関の診断を求める)にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

根管治療

保険診療の根管治療の再発率は、80%以上!

根管治療の再発率重い虫歯の場合、細菌感染が神経の通っている根管まで達している場合もあります。さらに、歯が折れて神経が死ぬ場合もあります。こういう時は、神経を抜きます。

神経を抜いた後、神経のあった穴(根管)を専用の器具(ファイル)を用いて無菌化します。この方法が根管治療になります。

根管治療において1番重要なのが、「いかに根管治療内を無菌化できるか」という点ですが、この無菌化が大変難しく、保険内診療で行われる最低限の根管治療ではその80%が無菌化に失敗し、数年以内に再発。抜歯を止む無くされるという現状があります。

根管治療の流れ

  • ①根管内感染虫歯

    根管内感染虫歯▲軽中度の虫歯には治療しません。虫歯菌が根管まで達した時に行います。

  • ②根管内清掃

    根管内清掃▲根管は細く湾曲していますので、リーマーという専用器具で清掃。

  • ③根管内殺菌

    根管内殺菌▲清掃が終わると、専用の洗浄液を注入して虫歯菌を殺菌します。

  • ④殺菌セメント注入

    殺菌セメント注入▲根管の殺菌、消毒が終わると、歯科専用の殺菌効果が高いセメントを注入します。

  • ⑤根管封鎖

    無菌根管封鎖▲無菌化された根管を封鎖する治療です。セメントが固まると根管治療自体は終了です。

  • ⑥被せ物を装着

    被せ物を装着▲歯の上部分を削っているので、銀歯、あるいはセミラック製の被せ物装着します。

とくずみ歯科本八幡式 「精密・根管治療法」

とくずみ歯科本八幡式 「精密・根管治療法」

とくずみ歯科本八幡では、根管治療にこだわることで、抜歯をできるかぎり防ぐよう努力しております。本八幡だけでなく、東京全体から口コミなどで多くのお客さんにお越しいただいている『とくずみ歯科本八幡式 精密・根管治療法』を皆様に紹介します。

  • ①ラバーダムでの隔離処置

    ラバーダムラバーダムは写真にあるように、歯周辺組織を隔離できる隔離シートです。根管治療は無菌化が重要で、根管に0.01ml程度の唾液が入るだけでも失敗になります。ですので、患部の根管を他組織と隔離して行う必要があります。

  • ②拡大鏡を使った精密根管治療

    拡大鏡拡大鏡によって、肉眼の5倍の視野下で治療できます。汚れをしっかり除去できているか?、根管にヒビはないか?、根管に見落としはないか?など、肉眼では見れないものを正確に把握することができるので、感染元除去率を高めます。

拡大鏡治療の重要性について動画で解説

  • ③オート根管治療器の使用

    オート根管治療器時間のかかる根管治療をスムーズに行うために、とくずみ歯科本八幡では、オート根管治療器を使用しております。オート根管治療器を使用することで、手動と比べてスピーディに根管清掃を行うことできます。歯科医師、患者様どちらにとっても有益な治療器といえると思います。

  • ④ニッケルチタンファイルの使用

    ニッケルチタンファイルファイルは根管をお掃除する専用器具です。ファイルは価格が安いステンレス製、高いニッケルチタン製のものがあります。当院では価格の高い、ニッケルチタンファイルを用いています。ニッケルチタンはステンレスと比べて折れづらく、さらに柔軟性が高いのが特徴で、湾曲した根管を隅々までお掃除できます。

本八幡で根管治療(歯の神経治療)をご希望の方へ

本八幡で根管治療(歯の神経治療)

本八幡で根管治療(歯の神経治療)をご希望の方、また他の歯医者さんで歯抜の説明を受けた方は、ぜひとくずみ歯科本八幡へご相談ください。当院では歯を抜かない最後の砦として、拡大鏡、ラバーダムなどを使用した再発率、抜歯率が低い根管治療が受診できます。皆さまのご来院を心よりお待ちしております。

トップに戻る