詰め物・被せ物

本八幡最安値!低価格なセラミックの被せ物!保険適用で白い歯も!

審美歯科

  • 前歯の隙間が気になる
  • 銀歯が気になって思い切り笑えない
  • 歯並びが悪いと指摘された
  • 歯が欠けて心配

このような歯の外観を調整するのが審美歯科です。ただし、見た目の自然さ、美しさだけで機能性が低くては快適に生活はおくれません。当院では、見た目の美しさと機能性にこだわった審美歯科を本八幡最安値クラスにて提供します。

  • セラミッククラウン 59.000円~(ファイバーポスト・3年保障込み!)

    本八幡最安値の補綴物当院では、セラミッククラウン(陶材製の被せ物)と、フルジルコニアクラウンをファイバーポスト込み5.9万円にてご提供します。ともに相場は15万円近くするものです。生体親和性も高く、透明感も高い最新のセラミックを使用し、3年保障もついています。また、詰め物もハイブリッドインレー2.9万円、セラミックインレー4.9万円というお求めやすい価格でご提供しております。

  • 4番、5番目の歯は、健康保険適用にて白いハイブリッドセラミック歯に!

    保険適用のかぶせ物CADCAMといい、3Dプリンタのようなもので削りだしたハイブリッドセラミック歯(セラミック(陶材)と歯科プラスチックの混合素材)があります。従来の保険診療内の被せ物は銀歯けしか選択肢がありませんでしたが、このハイブリッドセラミック歯であれば、保険適用にてお安く、また、白く美しい歯を入れることができます。ただし、4番目、5番目の歯のみに限ります。

当院が重視している「審美歯科の基準」

審美歯科における美しさとは、歯を白く、形を整えるだけでなく、顔全体とのバランスや、その人の持つ雰囲気を崩さないよう考えることが大切です。

  • 歯の形

    歯の形人の歯の形は大きく4つのタイプに分けられます。最適な形に成形します。

  • 顔貌とのバランスの調和

    全体の調和顔の中心ライン、また上下の歯の中心が合うように調整します。

  • スマイルライン

    スマイルライン笑った時の歯並びのライン(スマイルライン)を作ります。

  • 歯の特徴を精巧に演出

    歯の特徴づけ天然歯と分からない程に精巧に製作します。

  • 性別

    性別男性、女性の持つ雰囲気に合った歯の形にします。

  • 肌の色

    肌の色肌色のバランスを考慮して、印象が良い歯の色を選びます。

  • 年齢

    年齢年齢に見合った歯の形状、色を選びます。

  • 素材

    素材アレルギーや体質も考慮して素材をご提案いたします。

  • バランス

    バランスお口全体のバランスから導き出した黄金比で調整します。

優秀な歯科技工士によって、審美歯科の精巧度も変わります

歯科技工士

歯科医院で使用している詰め物、被せ物は、歯科技工士が作ります。金属やセラミック素材の加工によって見た目をきれいにするには、歯科医師の技術が必要です。審美歯科で使う詰め物、被せ物を自然の歯と分からないようにするには、歯科技工士の腕が求められます。

患者さんのお口の中を歯科医師がチェックし、そのデータを用い、精巧な詰め物や被せ物を提供するのが審美歯科です。当院ではハイレベルな補綴物を作れる優秀な歯科技工士と提携しています。

経験豊富な専門家が、皆様に合った素材を提供します

審美歯科歯を削った後に保険適用の素材を使用すると、その外観に満足できない人が出てきます。

しかし保険適用外の素材の種類が多く、自分に合う物を選択するのはなかなか困難なことでもあります。

当院では歯の機能性を大切にして、外観も自然で美しく、噛み合わせやアレルギー体質を考慮し、さらに長期間利用できる素材を優先的にご提案いたします。

ご予算に見合った素材の提案

当院では、4番目、5番目の歯であれば、保険適用にて白いセラミック製の歯(CADCAM)を入れることができます。ただし、多少割れやすかったり、色の表現は自費のものに劣るので、ベストは自費のセラミック歯ですが、ご予算に合わせて最適なものをご提案します。

審美歯科

機能性にこだわった製作工程

審美歯科私たちのお口は食べたり飲んだりなど、生きるための大切な役割を担っています。歯の美しさといった見た目だけを重視して、歯の持つ機能を損なうことがないよう注意する必要があります。

審美歯科が原因で歯並びが悪くなり、肩凝り、あごの疲れ、頭痛、腰痛が生ずるここともあります。

そのため、咬み合せの調整や適合性を向上させたり、虫歯の再発を抑えたりと、見た目だけでなく、機能性を保持するために製作前、中、後でこだわります。

  • 初期治療の徹底

    虫歯治療虫歯や歯周病の症状がある時は、まず先に治療をしなければ、長持ちする審美歯科は提供できません。

  • 拡大鏡を使った精密治療

    精密治療拡大鏡を使用することで、視野が5倍にまで拡大します。適合の確認や初期治療を精密に行うために必須です。

  • シリコンでの型取り

    シリコンでの型取り型取りに有効とされているシリコンにて型をとります。適合の優れた補綴物の製作は型取りの正確さが必要です。

  • ワックスアップ(形成)

    ワックスアップ(形成)詰め物や被せ物を作製する時は、シミュレーションによってデザインを選定します。

  • 仮歯の精度向上

    仮歯の精度向上人間の歯は絶えず動いていますので、本番の歯が出来るまで装着する仮歯の精度にもこだわります。

  • 歯肉圧排(しにくあっぱい)

    歯肉圧排で良適合の実現被せ物の装着時に、歯ぐきを下に押し下げることで、歯ぐきと被せ物の適合を良くします。

本八幡の歯医者さんで、詰め物、被せ物治療をご希望の方へ

本八幡でつめ物やかぶせ物治療

詰め物が外れた、銀歯をセラミックに変更したいなど、本八幡の歯医者さんにて審美歯科の受診をお考えの方は、ぜひ、とくずみ歯科本八幡までご相談ください。機能性、外観の美しさ・自然さなど、皆さまが満足していただける審美歯科をご提供します。また、治療費の面でも本八幡最安値クラスにてご提供できますので、ぜひお気軽にご来院ください。

トップに戻る