痛くない虫歯治療

痛くない・抜かない・削らない虫歯治療

無痛虫歯治療

歯医者さんの治療はとても痛い、という印象をお持ちの方も少なくないようです。そのため、歯医者を敬遠している方も多いのではないでしょうか?しかしそれも昔のことで、最近は歯科医療が進化しています。現在は痛みを回避した治療が可能になりました。また、可能な限り健康な歯を傷つけない保存治療を行っておりますのでご紹介します。

とくずみ歯科本八幡式 「4つの無痛虫歯治療」

とくずみ歯科本八幡では、歯の治療で起こる痛みについて、4つの観点より無痛対策を行います。完全無痛の治療はできませんが、治療前、治療中、治療終の痛みをできるだけ回避する方法をご紹介いたします。

  • ①表面麻酔

    表面麻酔歯科治療で最も怖いのが注射ですが、当院では最初に歯の表面に麻酔を塗って麻痺させた後に注射を行います。この方法で注射時の痛みを回避できます。

  • ②最も細い注射針(33G)の使用

    注射針は一番細い針表面麻酔で麻痺をしても、太い針を使うと痛みがあります。そこで当院では歯科麻酔針の中でも最も細いと言われている、「33ゲージ」の超極細針を使います。

  • ③電動麻酔

    電動麻酔電動麻酔器を使うことで、麻酔液の注入スピードを一定に保てます。その結果、注入時の浸透圧を一定に保つことができ、痛みを感じることなく注射をできます。手動の方法では難しい無痛注射が可能です。

  • ④麻酔液を温めます

    麻酔液を温めます麻酔液は冷蔵保存されて冷たくなっていますが、これを人肌程度に温めます。麻酔液を温めれば、注入した時の痛みを軽減できます。患者さんには見えないところですが、無痛麻酔ではとても重要な点と言えます。

とくずみ歯科本八幡式 「削らない虫歯治療」

とくずみ歯科本八幡では、できるだけ歯を削らず、自然な歯を残す保存治療を心がけています。「歯をいかに残せるか?」この点ににこだわった治療の根拠を紹介します。

  • ①3Mix-MP法®

    3Mix-MP法3Mix-MP法®というのは、3種類ある抗生物質、抗菌剤の混合物を虫歯がある箇所に詰めます。この方法で虫歯菌を不活性化させます。今までの方法と異なり、細菌で感染された全ての歯を削らないですみます。

  • ②虫歯検知液の使用

    虫歯検知液の使用虫歯組織だけを赤く染めるウ蝕検知液(虫歯検知液)により、残った虫歯組織の見落とし、削り過ぎを回避できます。治療に時間を要しますので、実際に使っている歯科医院は多くありません。

  • ③ドックスベストセメント

    ドックスベストセメントドッグスベストセメントというのは、ミネラルの力によって虫歯組織を殺菌する方法です。アメリカでは多くの歯科医院で用いられています。

  • ④拡大鏡精密治療

    拡大鏡精密治療拡大鏡を用いることで、肉眼の数倍下で治療ができ、削り過ぎ防止できます。また早期発見、早期治療によって虫歯を小さい時から処置できます。

拡大鏡治療の重要性について動画で解説

抜かない虫歯治療 最後の砦「精密・根管治療(歯の神経の治療)」

根管治療(歯の神経の治療)歯の中には血管や神経がたくさんあります。その通り道が根管です。

重い虫歯になると虫歯菌は歯を溶かし、徐々に根管に進み、根管の中にまで感染が起こります。その時に行うのが根管治療です。根管治療は根管の内部を掃除し無菌化する治療です。

歯を抜くか抜かないは、根管を残せるか残せないかで決まるので、この根管治療の精度が歯を抜く・抜かないの最後の砦といっても過言ではないでしょう。当院ではこの根管治療を精密に行う事が可能です。

根管治療ついては根管治療(歯の神経治療)ページをご参照ください。

本八幡での虫歯治療なら、とくずみ歯科本八幡へご相談ください

本八幡での虫歯治療

このようにとくずみ歯科本八幡では、痛みを回避した虫歯治療を実施しています。また、天然歯の削り過ぎを防止し、可能な限りあなたの歯を保護致します。本八幡で痛みの少ない、削らない・抜かない虫歯治療をお望み方は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

トップに戻る