入れ歯・義歯

とくずみ歯科本八幡の入れ歯が支持される理由

入れ歯

とくずみ歯科本八幡は開業当初より、口コミにて入れ歯に対する様々な相談を受けてきました。なぜ当院の入れ歯が口コミで評判をいただいているのか。それは、患者様の症状、ニーズに合わせた最適な素材の提案と、咬み合せ、密着性などの機能性の充実の両方を意識した入れ歯作りを行なっている点にあるのだと思っております。そちらを詳しくご紹介致します。

理由1:患者さんに多くの選択肢を用意しています

入れ歯

入れ歯の悩みは様々です。「痛い」「すぐ外れる」、「外観の問題」など、その多くは入れ歯に使っている素材です。保険適用で使い素材では満足のいく入れ歯は作れないようです。そのため当院は保険適用の素材以外にも、患者さんの希望に沿った様々な素材を用意しています。

  • 金属のバネ不使用のスマイルデンチャー

    スマイルデンチャー部分入れ歯にする時は、固定の金属製バネを用います。このバネの外観を気にされる方が多いですが、スマイルデンチャーは金属製バネを使わず、それに歯茎の色と似た樹脂を用いていますので目立ちません。

  • 強く噛める磁性マグネットデンチャー

    マグネットデンチャーマグネットの力を使い、装着感を増す磁性マグネットデンチャーは、お口に医療用の磁石を入れ、入れ歯の磁石と合わすことで密着感・固定力がかなり強くなります。しかし、簡単に取り外しもでき、便利です。

  • 頑丈で熱伝導率の高い金属床

    金属床親和性が高いチタン、またコバルトクロムを床部に用いています。金属床の入れ歯は頑丈で咬合力が増すことで広く知られています。また金属は熱を良く通すので、食事の際に温度も感じやすく、より一層美味しく食べられます。

  • リハビリ用の義歯(暫間義歯)

    リハビリ用の義歯合っていない義歯によって、咬み合せやアゴの動きにへんなクセが付いてしまっている場合があります。それを解消する矯正用のリハビリ義歯を使用したあとに本番の義歯を作ることが成功する入れ歯作りには大切です。

理由2:入れ歯専門の歯科技工所に製作の依頼

歯科技工士

入れ歯治療における診査・診断、調整は歯科医師が担当しますが、入れ歯を実際に製作するのは歯科技工士さんです。入れ歯を作るには、専門知識や専門技能が求められます。さらに入れ歯の仕上がり良くするためには、技術力のある歯科技工士の力が必要になります。とくずみ歯科本八幡が現在連携している歯科技工所では、入れ歯専門の歯科技工士が製作を担当しています。そのためハイレベルの入れ歯製作も可能です。

理由3:妥協なし!時間を割いた製作工程

入れ歯

従来の入れ歯に満足できないのは、患者さんのお口の状態に合ってないからです。人の口は、毎日の生活の中で会話、呼吸、食事など、それぞれの場面で変化します。しかし保険適用の入れ歯は、形式的な型取りによって製作されます。それでは、1人1人のお口の状態や変化に動きに対応できません。そのため多くのトラブルが発生するのです。当院では自費の入れ歯に限りますが、製作工程に徹底的にこだわっております。

  • 最適な印象材で正確な型取り

    入れ歯の型とり型取りの時に使う印象剤も色々ありますが、シリコンが最も正確に型取りが行えます。

  • 噛み合わせの調整

    噛み合わせの調整歯の噛み込み、また会話の時に正しい噛み合わせになるよう調整を行います。

  • 個人トレーの使用

    個人トレーの使用SMLの一般的な型取りトレー使用せず、患者さんのお口の状態に合った個人トレーを使います。これにより、舌やお口の状態、さらに噛み癖などの様々な情報をインプットでき、使いやすい入れ歯を作れます。

  • ティシュコンディショニング

    ティシュコンディショニング入れ歯を使った時に生ずる圧力などにより、歯茎や口腔に痛みを生じたり傷ができたりする場合があります。この時に医療用調整剤を噛ませれば痛みを軽減できます。

本八幡で入れ歯製作、また作り変えをご希望の方へ

本八幡で入れ歯の作成

とくずみ歯科本八幡では、開業以降入れ歯の診断工程、製作工程、さらに噛み合わせ調整など、入れ歯作成に力を入れています。本八幡での入れ歯製作、作り変えをご希望の方はぜひ一度ご連絡ください。きっと、満足いただける入れ歯を提供できると信じています。ご相談をお待ちしております。

トップに戻る